水子供養とは

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

水子供養とは

仏事あ.ら.かると

2017/09/26 水子供養とは

水子も安心供養2

大阪市西淀川区、大阪府吹田市、豊中市へお参りでした。

 

お地蔵さまの本願で水子供養いたします。

地蔵菩薩は仏の代理として、観音菩薩と手をたずさえ衆生を煩悩から救い出してくれます。

『地蔵十王経』では、子供は幼くして亡くなると、三途の河原でむなしい石積をさせらます。

父や母のために小石を一つ積み、二つ積みしますが、そこに鬼が現れて無情にもその小石を崩してしまいます。

どんなに泣いて救いの手を求めても、それが延々と続きなかなかかなえられません。

そんな時に、お地蔵さまが現れて、「今からは、私を冥土の親と思いなさい」と、苦しみにあえぐ子供たちを一人残らず救ってくださいます。

子供を失った親にとって、地蔵菩薩ほど心を平穏にしてくれるほとけ様はおられません。

 

水子地蔵を建てて水子供養をすることが盛んになったのは、昭和40年代から50年代にかけてのことで、現在では習俗として定着した観もあります。

お地蔵さまという形も必要でしょうが、いちばん大切なのは親としての温かな心であり、先祖を祀るお墓で供養するとうのも、立派な水子供養です。

胎児は仏様を頼る自力をまだもっていません。

したがって、戒名をもらえる資格が残念ながらありません。

しかし、最近では戒名を付けることも増えてきました。

 

光明寺では水子さんの供養後に、お札など形が残るものは渡しません。

それが、親御さんたちの負担にならないように、前向きにこれからの生活を送っていただきたいように、あえてお渡ししません。

少しでも穏やかな心になっていただくため、お地蔵さまと水子位牌で本堂でお経をあげさせていただきます。

水子供養のご不安、心配、心のわだかまりなどがあればご相談ください。

プライバシーには十分に配慮いたします。

 

【お布施】読経供養

水子永代供養(過去帳入り):20,000円

水子納骨(過去帳入り):30,000円

水子供養(過去帳入り無し):5,000円

 

詳しくは、当寺の特徴の水子供養をご覧ください。

 

 

光明寺の施設

・お骨預かり期間が自由に設定できる「自由な納骨堂

・どなたでも、自分のお墓のように納骨できる、みんなのお墓「合祀墓

・一度の永代供養で、その後の先祖も供養できる負担の少ない「永代供養

・子孫への負担を残さない、お墓の新しい形「納骨堂墓地

・ペットの手厚い供養がお寺でできる「ペット供養墓

・一度の永代供養で、その後の先祖も供養できる負担の少ない「永代供養

・葬儀・家族葬・法事・お斎(食事)がどなたでも可能な「光明寺会館

・心安らぐシンプルな「水子供養

・ペットの手厚い供養がお寺でできる「ペット供養墓

 

 

浄土門 時宗 光明寺
水子供養について、お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

TOP