十大弟子|天眼第一の阿那律

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

十大弟子|天眼第一の阿那律

仏事あ.ら.かると

2018/01/12 十大弟子|天眼第一の阿那律

大阪市淀川区、西淀川区の仏参でした。

 

経典にはお釈迦さまの存命中に1250人もの出家した弟子がいたと説かれています。

その中でも特に優れた弟子を「十大弟子(じゅうだいでし)」といい、お釈迦さま亡き後は彼らが教団をまとめて仏教を広めていきました。

 

【十大弟子】舎利弗目連摩訶迦葉阿那律須菩提富楼那優婆離迦旃延羅睺羅阿難陀

 

・天眼第一(てんげんだいいち):阿那律(あなりつ)/阿泥樓駄(あぬるだ)/アニルッダ

天眼第一といわれた阿那律は、お釈迦さまが祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)で多くの弟子の前で説法しているときに、居眠りをするという大失態を犯してしまいます。

お釈迦さまは説法が終わると阿那律を呼び寄せ「私に謝らなくてもよいが、おまえは法を求め出家した身、謝るならば自身の心に謝りなさい」といいます。

それに対し阿那律は「たしかに気がゆるんでいました 今日から私は決して睡眠をとりません」とお釈迦さまの前にひざまずき、合掌して誓いました。

それ以来、阿那律は決して眠ることはなく、その眼はひどくだだれていきます。

極端な苦行を捨てて中道によって悟りを得たお釈迦さまは、阿那律に苦行をやめるよう説得しますが、それを聞き入れず視力を失ってしまいます。

肉体の眼を失った阿那律は、その代償としてあらゆる物事の真実の姿を見通すことができる天眼を得ました。

 

~解空第一の須菩提につづく・・・・・

 

 

浄土門 時宗 光明寺
お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

TOP