十大弟子|持律第一の優婆離

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

十大弟子|持律第一の優婆離

仏事あ.ら.かると

2018/01/16 十大弟子|持律第一の優婆離

本日は大阪市西淀川区のお参りでした。

 

経典にはお釈迦さまの存命中に1250人もの出家した弟子がいたと説かれています。

その中でも特に優れた弟子を「十大弟子(じゅうだいでし)」といい、お釈迦さま亡き後は彼らが教団をまとめて仏教を広めていきました。

 

【十大弟子】舎利弗目連摩訶迦葉阿那律須菩提富楼那優婆離迦旃延羅睺羅阿難陀

 

・持律第一(じりつだいいち):優婆離(うばり)/優波離(うはり)/ウパーリ

優婆離は、釈迦族の六人の貴族がお釈迦さまに弟子入りしようと旅立ったとき、従事として途中まで同行した理髪師でした。

貴族達は旅の途中で優婆離に帰るように命令し、出家する身なので全ての金銀財宝を彼に渡して先へと進みました。

優婆離はこのまま帰れば、なぜ彼らの出家を止めなかったかをとがめられるばかりか、財宝が見つかれば処刑されると思い、自分も出家しようと一人お釈迦さまのもとへ向かいました。

お釈迦さまのもとに着いたのは優婆離のほうが早く、教団では身分の上下関係は無く、先に出家した優婆離が他の六人の先輩となる兄弟子になりました。

六人がその後到着すると、お釈迦さまは彼らに先輩となった優婆離に礼拝するように言い、身分の高い彼らはそれに従いました。

優婆離はお釈迦さまはの教えを一心に学び、なかでも戒律を忠実に守ることにおいては最も優れた修行者であったことから、持律第一と呼ばれました。

 

~密行第一の羅睺羅につづく・・・・・

 

 

浄土門 時宗 光明寺
お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

TOP