弥勒菩薩

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

弥勒菩薩

仏事あ.ら.かると

2018/03/05 弥勒菩薩

弥勒菩薩

注)弥勒菩薩を説明しているページで、当寺が仏像を安置しているわけではございません。

大阪市西淀川区、兵庫県三田市へお参りさせていただきました。

 

「弥勒菩薩(みろくぼさつ)」とは、五十六億七千万年後にお釈迦さまの次に仏の地位につくと約束されたことから、“未来仏”や“当来仏”とも呼ばれる菩薩です。

弥勒菩薩は、はるか上空の兜率天(とそつてん)にいるといわれていて、人間の死後この兜率天に生まれ変わることができれば直接教えを聞くことができるということで、阿弥陀如来極楽往生とともに兜率天往生に対する信仰が古くからありました。

弥勒菩薩の梵語名のマイトレーヤは、慈悲、慈尊と訳し“慈悲から生じたもの”を意味します。

弥勒はインド実在の人物とされ、お釈迦さまの弟子となっています。

弥勒菩薩には装身具を身につけ、衣を肩からかけた菩薩形と法衣をまとっただけの如来形があり、右脚を左脚の上に載せ、左脚は将来現れるために地面に下ろし、頭をやや前にかがめて右手で頬杖をついた如来形はいかにして衆生を救おうかと思案している半跏思惟像(はんかしゆいぞう)が一般的です。

七福神の布袋さまは弥勒菩薩の化身とされています。

 

 

浄土門 時宗 光明寺
お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

TOP