日本の仏教十三宗【浄土宗】

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

日本の仏教十三宗【浄土宗】

仏事あ.ら.かると

2018/05/02 日本の仏教十三宗【浄土宗】

浄土宗 総本山 知恩院

今日は兵庫県西宮市、大阪市西淀川区、淀川区へお参りさせていただきました。

 

法相宗律宗華厳宗真言宗天台宗日蓮宗・浄土宗・浄土真宗融通念仏宗時宗臨済宗曹洞宗黄檗宗

 

・浄土宗(じょうどしゅ)

 

<宗祖>法然上人源空(ほうねんしょうにんげんくう)1133~1212年
浄土宗の宗祖、法然は十三歳のときに比叡山にのぼり、天台宗の勉強に励みます。
そして、源信が極楽浄土への往生のことを書いた「往生要集」を読んで開眼し、中国浄土教を大成した善導大師の「観無量寿経疏(かんむりょうじゅきょうしょ)」の一心専念の文によって、念仏こそが苦しみの中に生きる衆生の救いの道であると信じ、比叡山をおりて天台の教えを念仏の中に凝縮し、自らの信仰に従ってわかりやすく民衆を導きました。

 

<根本経典>無量寿経(むりょうじゅきょう)・観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)・阿弥陀経(あみだきょう)
これらを総称して浄土三部経と呼ばれています。

 

<総本山>知恩院(ちおんいん)
大本山 増上寺・金戒光明寺(京都)・百万遍知恩寺・善道寺・光明寺(鎌倉)・善光寺

 

<本尊>阿弥陀如来
浄土宗では観音菩薩勢至菩薩が脇侍の阿弥陀三尊です。

 

<教え>
浄土宗の教えは、阿弥陀仏の「自分の名を呼ぶすべての者を救う」という誓いを信じ、南無阿弥陀仏と称えれば極楽浄土に行けるというものです。
また、法然はそれまでの仏教のように厳しい修行の必要はなく、しかも性別や職業、身分も問わず極楽往生できると説き、広く民衆の心をひきつけました。
念仏をとなえるには、素直な心(至誠心)で、深く信じ(深心)、阿弥陀仏の極楽浄土に生まれたいと願う心(回向発願心)の三心が大切であると説き、それらは「ただ極楽往生のために南無阿弥陀仏ととなえれば自然にこもるもの」だと、念仏一筋の生活をすすめます。

 

 

浄土門 時宗 光明寺
お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

TOP