可能性アートプロジェクト展in長楽寺

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

可能性アートプロジェクト展in長楽寺

つぶやき

2018/11/18 可能性アートプロジェクト展in長楽寺

可能性アートプロジェクト

可能性アートプロジェクトin長楽寺

可能性

完成は一人ひとり違う。

だからこそ、

新しい可能性がある。

2018年11月16日(金)~12月5日(水)

期間限定 特別企画展示

特定非営利活動法人サポートセンターどりーむ×一般社団法人良いお寺研究会×TOPPAN

in長楽寺

「可能性アートプロジェクトin長楽寺」ではNPO法人サポートセンターどりーむの7名のアーティストが、「無限の可能性」をテーマに描いた30点の作品を一般財団法人良いお寺研究会、凸版印刷株式会社の協力のもと、計20日間にわたり長楽寺で特別展示します。「誰でも、ひとり一人に才能があり、無限の可能性がある」ことを独自の感性で表現いたしました。作品にスマートフォンをかざすと、作品が動き出すと共に、アーティストが作品に込めた想いを聴くことができるARコンテンツもお楽しみいただけます。

長楽寺へお越しいただいた際は、ぜひ展示会場の「書院」までお立ち寄りください。

■場所:長楽寺「書院」 京都市東山区八坂鳥居前東入ル円山町626

■日時:2018年11月16日(金)~12月5日(水)

 

【NPO法人サポートセンターどりーむ】

「障がいのある人の雇用を促進し、自立支援の在り方を提案し、障がいがある人、ない人の感性が人々の心を繋ぎ合い、大きな絆を紡ぐこと」を理念とし、神話の国出雲から全国に向けて発信している。

在籍する28名のアーティストの方々から生み出される作品は見る人の心を動かし、全国各地でアート展を開催したり、映画のポスターに作品が起用されるなど、各界に向けて才能を発揮されている。

 

【長楽寺】

祇園町の賑わいから僅か徒歩5分あまり。街の雑踏を忘れさせてくれる円山公園の少し奥に、静寂さが漂う「長楽寺」。古来より「洛中随一絶景の霊地」として文人墨客に、その景勝を愛でられ、文に詩に歌によく詠われ、古くは「今昔物語」、西行法師(当寺に入って修行)の「山家集」「平家物語」など、平安時代より有名な古典に数多く記されている。

そして今も尚、史跡名勝として四季折々に美しい風情が楽しめ、特に秋の紅葉は京の隠れた名所として知られている。

 

 

浄土門 時宗 光明寺
お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

TOP