二祖真教上人七百年御遠忌 平成三十一年厳修

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

二祖真教上人七百年御遠忌 平成三十一年厳修

お知らせ

2017/12/04 二祖真教上人七百年御遠忌 平成三十一年厳修

二祖真教上人七百年御遠忌 平成三十一年厳修

 

真教上人御遠忌ポスター1

なむあみだ佛はうれしきか

 

~受け継がれる念仏~

旅に生き、民衆に分け入り、

念仏の教えを説かれた

宗祖一遍上人。

一遍上人の最初のお弟子となり

十二年間、旅の苦楽を共にされた

二祖真教上人。

一遍上人は臨終を前にして、

真教上人に向け、

問いとも確認ともとれる

お言葉をかけられました。

「なむあみだ佛はうれしきか。」

真教上人は歓喜の涙をもって答えられ、

一遍上人もまた涙を落されました。

受け継ぐものは、

「南無阿弥陀佛」と称える

お念仏ただ一つ。

ことばを超えた境地を

両祖は分かち合われたのです。

阿弥陀仏の限りない光明に

つつまれて生きる喜び。

この喜びの念仏、

“うれしき”念仏こそが

両祖より受け継がれ、

ご先祖に護られ、

私たちのもとへ届いた至宝なのです。

二祖真教上人七百年御遠忌ホームページ http://ureshikika.com/

 

 

真教上人御遠忌ポスター2

御遠忌とは?

御遠忌とは、各宗派の宗祖の年忌を

五十年、百年とまとまったときに行

われる法要をいいます。時宗では、

一遍上人と共に二祖他阿真教上人の

御遠忌放蕩が伝統的に行われていま

す。他宗派ではあまり類のないこと

です。時宗における二祖上人の存在

の大きさとその御遺徳をいかに讃え

ているかがうかがえます。

時宗の

二祖上人とは?

真教上人は九州を遊行していた一遍

上人に出会い、教えに感銘をうけ、

最初のお弟子となられました。そし

て「他阿弥陀仏(他阿)」の名を授かり、

以後十二年間遊行を共にされます。

真教上人のご功績は全国各地に念仏

道場を建立し、僧侶の育成、布教等

に力を入れられたことにあります。

これにより全国の時衆にまとまりが

生れ、教団としての強い基盤がつく

られていきました。まさに一遍上人

の真の後継者として、その身を捨て

、て衆生済度に尽力されました。

浄土門 時宗 光明寺
お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

TOP