大阪市天王寺区へ施餓鬼法要のお手伝い

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

大阪市天王寺区へ施餓鬼法要のお手伝い

法務

2018/08/18 大阪市天王寺区へ施餓鬼法要のお手伝い

%e5%86%86%e6%88%90%e9%99%a2

今年も天王寺区の円成院さんに施餓鬼法要のお手伝いにいってきました。

例年より暑さもましだったようですので、お参りの方たちも楽だったのではないでしょうか。

お子様連れの方も多く、微笑ましく、和やかな施餓鬼法要でした。

大阪市内の時宗の寺院は当寺と円成院さんの2ヶ寺だけなんです。

毎年、行き来をしております。

当寺、光明寺の施餓鬼会は毎年8月21日となります。

 

施餓鬼法要とは

餓鬼に施し、あらゆる人々を救うための法要です。

仏教では、あらゆる生きとし生けるものを衆生(しゅじょう)といい、衆生が生死を繰り返す世界を天道、人道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道に分け

六道と呼びます。

餓鬼道は、前世で欲望が強く貪りの生活を送った者がおちいるところで、常に飢渇に苦しむ世界とされています。

施餓鬼法要は『救抜焔口餓鬼陀羅尼経(くばつえんくがきだらにきょう)』などいくつかのお経に由来しますが

焔口という餓鬼が、修行中のお釈迦様の弟子、阿難(あなん)に「お前は餓鬼道におちいる」と告げました。

お釈迦様に相談すると、「餓鬼を満たす陀羅尼(真言・呪文)を唱え、餓鬼に食べ物を供えれば、一切の餓鬼が救われる」と説きます。

このお経を儀式化したものが施餓鬼会(せがきえ)です。

随時営まれる法要でしたが、いつのまにか盂蘭盆会と混同されて、お盆の時期おこなわれ餓鬼に施す功徳によって

ご先祖が極楽で安らかにいられることを願う行事に変わっていきました。

施餓鬼法要に行かれる環境にある皆さんは、ご家族でお参りしてみてはいかがでしょうか?

 

 

光明寺の施設

・お骨預かり期間が自由に設定できる「自由な納骨堂

・どなたでも、自分のお墓のように納骨できる、みんなのお墓「合祀墓

・一度の永代供養で、その後の先祖も供養できる負担の少ない「永代供養

・子孫への負担を残さない、お墓の新しい形「納骨堂墓地

・葬儀・家族葬・法事・お斎(食事)がどなたでも可能な「光明寺会館

・心安らぐシンプルな「水子供養

・ペットの手厚い供養がお寺でできる「ペット供養墓

・檀信徒の皆様は大阪石材工業の取引を停止しましたので連絡は控えてください

 

大阪市で納骨堂と永代供養墓があるお寺
浄土門 時宗 光明寺
仏事について、お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7
現在ご縁のある地域は、兵庫県では、神戸市、三田市、芦屋市、宝塚市、川西市、西宮市、尼崎市、伊丹市
大阪府では、池田市、箕面市、茨木市、吹田市、豊中市、東大阪市、高槻市、堺市、高石市、摂津市、和泉市、藤井寺市、四条畷市、八尾市、河内長野市、松原市、門真市、枚方市、豊能郡、泉南郡、大阪市
(西淀川区、淀川区、東淀川区、北区、旭区、西区、中央区、此花区、福島区、港区、浪速区、大正区、天王寺区、生野区、都島区、城東区、東成区、西成区、住之江区、住吉区、平野区)
その他、京都府・奈良県・和歌山県です。

TOP