池田市の霊園にお墓の開眼・納骨に

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

池田市の霊園にお墓の開眼・納骨に

法務

2017/08/26 池田市の霊園にお墓の開眼・納骨に

池田市、墓地

午前中の雨もあがり、暑さもだいぶ和らいでおります。

一カ月ほど前に、とある墓石店より電話がありました。

HPを見て電話いたしました。時宗の信者様が、墓石の開眼、納骨で時宗の寺院を探しています。お願いできないでしょうか?」と

お布施を含めて先方の条件を提示し、それで良ければおねがいしますとのこと

当然、時宗の信者さまです。快諾し、本日 池田市の霊園で墓のお精根入れと納骨でした。

近年、納骨堂や永代供養墓などの需要拡大でお墓を建立する方が激減しています。

墓じまい」と称し、お墓を撤去する方が増えています。

ご先祖の遺骨をどうするか?の選択肢も様々です。

現在、過去の状況、費用の兼ね合いなどなどそれぞれだと思います。

お骨をどうしよう?と思案されている皆様、どうか目先のことだけではなく、先々のことも考えて、ご家族で十分検討してください。

そして、ご縁のあるお寺さんがおられれば相談してみてください。

最良の方法でご先祖供養をしていただきたいと思っております。

今日の施主様もご先祖の最良の供養と思いお墓の建立に至ったと思います。

そんな中、ご縁をいただき納骨に立ち会わせていただきました。

ありがたいことです。

 

  • 開眼法要とは

開眼法要(開眼供養)、お性根入れ(魂入れ)などともいいますが、新しく造った画像や刻像の仏様に「眼」を入れることをいいます。

それによって、その仏様に魂を迎え入れることになります。

日本で初めての開眼供養は、752年に行われた東大寺大仏開眼会です。

これと同様に、お墓や仏壇、位牌なども新しく造ったときには、開眼の法要を行い、仏様の魂を迎え入れます。

 

  • 開眼法要は祝儀か

生前建墓の場合は「寿陵(じゅりょう)」の言葉もあるように、おめでたいこととされています。

したがって、心付けなどに祝儀袋を使うこともできます。

ただし、身内に不幸があってお墓を建てた場合は、不祝儀となります。

 

なお、檀信徒におかれましては大阪石材工業との取引は中止しましたので連絡を控えるようお願いします。

 

光明寺の施設

・お骨預かり期間が自由に設定できる「自由な納骨堂

・どなたでも、自分のお墓のように納骨できる、みんなのお墓「合祀墓

・一度の永代供養で、その後の先祖も供養できる負担の少ない「永代供養

・子孫への負担を残さない、お墓の新しい形「納骨堂墓地

・葬儀・家族葬・法事・お斎(食事)がどなたでも可能な「光明寺会館

・心安らぐシンプルな「水子供養

・ペットの手厚い供養がお寺でできる「ペット供養墓

 

大阪府で永代供養墓や納骨堂の施設が充実している寺院
浄土門 時宗 光明寺
お墓について、お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7
現在ご縁のある地域は、兵庫県では、神戸市、三田市、芦屋市、宝塚市、川西市、西宮市、尼崎市、伊丹市
大阪府では、池田市、箕面市、茨木市、吹田市、豊中市、東大阪市、高槻市、堺市、高石市、摂津市、和泉市、藤井寺市、四条畷市、八尾市、河内長野市、松原市、門真市、枚方市、豊能郡、泉南郡、大阪市
(西淀川区、淀川区、東淀川区、北区、旭区、西区、中央区、此花区、福島区、港区、浪速区、大正区、天王寺区、生野区、都島区、城東区、東成区、西成区、住之江区、住吉区、平野区)
その他、京都府・奈良県・和歌山県です。

TOP