普賢菩薩

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

普賢菩薩

仏事あ.ら.かると

2018/02/20 普賢菩薩

普賢菩薩

注)普賢菩薩を説明しているページで、当寺が仏像を安置しているわけではございません。

大阪市北区、住之江区、西淀川区のお参りでした。

 

普賢菩薩(ふげんぼさつ)とは、大乗仏教の菩薩の中でもひときわ仏の理性を示す菩薩で、諸菩薩の上位とされています。

梵語で「サマンタバドラ」といい、サマンタは「普く(あまねく)」を、バドラは「賢い」を意味します。

つまり、「普賢」とはあらゆる世界に普く現れ、方便をもって衆生を救うという意味です。

そして、すべての徳を備えているところから、仏の実践と誓願を象徴しています。

一般的には女性的で、六牙の白象に乗っているのが特徴です。

普賢菩薩象は堂々として、前進を妨げるものがなく、何者にも動じない悟りへの精進を象徴しています。

白象は清浄な菩提心を表し、その六牙は六波羅蜜を意味しています。

一般的には合掌した像が多いですが、密教系では右手に五鈷杵(ごこしょ)、左手に五鈷鈴を執る姿です。

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)とともに釈迦如来(しゃかにょらい)の脇侍(きょうじ)としてあらわされますが、一般的に普賢菩薩と文殊菩薩は対になってまつられます。

これは文殊の“智慧(ちえ)”に対して普賢の“行願(ぎょうがん)”といわれ、智慧も行も仏教では欠かすことのできないものだからです。

 

 

 

浄土門 時宗 光明寺
お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

TOP