粉骨とは|お墓あれこれ 6 番外編

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

粉骨とは|お墓あれこれ 6 番外編

つぶやき

2017/09/06 粉骨とは|お墓あれこれ 6 番外編

光明寺納骨堂

西淀川区へお参りでした。

 

粉骨(ふんこつ)あまり聞きなれないことばです。

『今のお墓あれこれ 3 散骨』の散骨するときにはしなければいけないことですが、遺骨を細かく砕き、パウダー状にすることを“粉骨”と呼んでいます。

  • 関西と関東のお骨事情の違い

(関東、関西でわかりやすく地域を区切りましたが、それぞれの地域で異なることです。)

関西では粉骨という言葉はほとんど耳にしません。

関東圏のお骨事情もあるのでしょうか、関東での需要が多いと思われます。

関西では、火葬後のお骨を全て骨壺に入れず、持ち帰ります。(残った遺骨は、まとめてちゃんと供養しています。)

関東では、ほとんどを骨壺に入れ持ち帰ります。

つまり、骨壺の大きさが違うのです。

また関西は、お墓への納骨は骨壺から遺骨を取り出し、さらしの袋に入れて、お骨が自然に還るように納めるのに対し、関東では骨壺のまま納骨します。

その辺の事情から、遺骨の容積を大きく減らすことのできる粉骨の需要があるのでしょう。

ですから、遺骨を家に安置する時も、納骨堂へ納める時も、お墓へ納骨する時もスペースをとらない粉骨にする利点が多いのでしょう。

しかし、お骨を機械や人の手で細かく粉砕することに抵抗を覚える人は多いはずです。

・・・・・・・・つづく

 

光明寺の施設

・お骨預かり期間が自由に設定できる「自由な納骨堂

・どなたでも、自分のお墓のように納骨できる、みんなのお墓「合祀墓

・一度の永代供養で、その後の先祖も供養できる負担の少ない「永代供養

・子孫への負担を残さない、お墓の新しい形「納骨堂墓地

・葬儀・家族葬・法事・お斎(食事)がどなたでも可能な「光明寺会館

・心安らぐシンプルな「水子供養

・ペットの手厚い供養がお寺でできる「ペット供養墓

 

納骨堂・永代供養のなどの施設がある大阪市のお寺
浄土門 時宗 光明寺
お墓のことなどお気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7
現在ご縁のある地域は、兵庫県では、神戸市、三田市、芦屋市、宝塚市、川西市、西宮市、尼崎市、伊丹市
大阪府では、池田市、箕面市、茨木市、吹田市、豊中市、東大阪市、高槻市、堺市、摂津市、和泉市、藤井寺市、四条畷市、八尾市、河内長野市、松原市、門真市、枚方市、豊能郡、泉南郡、大阪市
(西淀川区、淀川区、東淀川区、北区、西区、中央区、此花区、福島区、港区、浪速区、大正区、天王寺区、生野区、都島区、城東区、東成区、西成区、住之江区、住吉区、平野区)
その他、京都府・奈良県・和歌山県です。

TOP