お墓の引っ越し(改葬)

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

お墓の引っ越し(改葬)

仏事あ.ら.かると

2017/11/20 お墓の引っ越し(改葬)

%e5%a2%93%e3%81%98%e3%81%be%e3%81%84

兵庫県尼崎市、大阪市西淀川区のお参りでした。

 

お墓を移転することを改葬(かいそう)といいます。

そのままお墓を移動する時などには、わかりやすい表現で“お墓の引っ越し”“お墓を引っ越す”などともいいます。

これは移転先があれば自由に出来るというわけではなく、改葬には所定の手続きが必要です。

 

改葬するには、旧墓所の管理者から「改葬許可証」をもらい、新しい墓所の管理者に提出する必要があります。

改葬をお願いした業者が代行やアドバイスをしてくれますが、手続きは以下のようになるでしょう。

 

①新墓所の確保

改葬するには当然、新しい墓所が必要です。

すでに墓所を所有していても、改葬の承諾を得ておかなくてはなりません。

 

②埋葬(納骨)証明書の申請

旧墓所の管理者から埋葬(納骨)証明書を交付してもらいます。

 

受け入れ証明書の申請

改葬許可証の申請にあたり、受け入れ先墓所の受け入れ証明書が必要になる場合があります。

受け入れ証明書とは、新墓所の管理者が埋葬(納骨)を許可するという証明書です。

 

改葬許可証の申請

旧墓所を管轄する市町村区長に、埋葬(納骨)証明書(受け入れ証明書が必要な場合もある)を提出して、改葬許可証を交付してもらいます。

 

旧墓所改葬の日取りを決める

必要によって、お墓から遺骨を取り出す時には、石材業者に作業を頼む必要があります。

 

お墓の発遣(はっけん)供養

お精根抜き、お魂抜きともいいます。

そのお墓で供養をしていた先祖に、新たな場所に移っていただくための、お別れの法要です。

 

お墓の掘り起こし

遺骨がほとんど土に還(かえ)って採集が困難な場合は、土をすくい、新墓所に収めます。

 

旧墓石の処理

発遣供養の終わった墓石の竿石は、無縁仏の竿石を集めて安置している所などに収めます。

 

新しいお墓の納骨法要

新しくお墓を建てた時には、開眼法要(かいげんほうよう)も必要です。

お精根入れ、お魂入れなどともいいます。

新しいお墓に納骨する際には、交付された改葬許可証を提出します。

 

菩提寺の墓地から他の霊園に改葬する場合には注意が必要です。

事前に改葬を余儀なくされたことを話し、どうするか相談しながら話を進めることが重要です。

改葬する結果報告だけでは、改葬を許可されないトラブルとなることもあります。

 

 

光明寺の施設

・お骨預かり期間が自由に設定できる「自由な納骨堂

・どなたでも、自分のお墓のように納骨できる、みんなのお墓「合祀墓

・一度の永代供養で、その後の先祖も供養できる負担の少ない「永代供養

・子孫への負担を残さない、お墓の新しい形「納骨堂墓地

・葬儀・家族葬・法事・お斎(食事)がどなたでも可能な「光明寺会館

・心安らぐシンプルな「水子供養

・ペットの手厚い供養がお寺でできる「ペット供養墓

 

浄土門 時宗 光明寺
お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

TOP