散骨とは|お墓あれこれ 3

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

散骨とは|お墓あれこれ 3

つぶやき

2017/09/03 散骨とは|お墓あれこれ 3

%e6%95%a3%e9%aa%a81

今日は大阪市西淀川区、此花区、吹田市にお参りさせていただきました。

 

  • 散骨はまだまだ少数派、宗教的感情の配慮を

散骨とは遺骨を細かく砕いて海や山などの墓地以外の場所に撒くことです。

日本や外国で著名人が散骨をしたりしますが、埋葬の方法として市民権を得ているとまではいえません。

お骨を墓地外の所に撒くことが日本の法律上許されるかというと、可とも不可ともいえません。

なぜなら、お墓や埋葬について規定している墓地埋葬法には、散骨という考え方がないのです。

したがって、散骨を適法とも違法とも決めつけることができないのが現状です。

墓地埋葬法では、「国民の宗教的感情に適合し、かつ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行われることを目的」として定められています。

つまり、こうした条件に合えば、散骨は墓地埋葬法に触れないことになります。

散骨には、遺骨を遺棄するという感情がつきまといます。

それを避けるためには、お骨を遺灰状態にすることが必要です。

ヨーロッパなどでは遺灰を撒くことに抵抗が少ないのは、遺骨が遺灰状態になっているからでもあります。

人骨の形が残らないように粉末状にすることで、宗教的感情を害さない、という条件に適合するといえます。

しかし、遺族がお骨を粉末状にすることは抵抗感があり、たいていは散骨を請け負う業者がしてくれます。

散骨の場所としては海、山、河川、湖沼などの大自然が対象となります。

なかでも、散骨そのものが市民権を得ているといいがたい状況では、海洋散骨(海洋葬ともいっています)が最も抵抗感が少ないようです。

とある業者の一例では、漁場、釣り場、海上交通の要所は避け、陸地から約20キロの沖合を原則としています。

遺灰を撒くときには、環境汚染しないよう、プラスチック容器などではなく、自然に還りやすい容器か、そのまま撒く配慮も必要です。

 

  • 散骨の費用は

船で沖合まで行く海洋散骨が一般的です。

船のチャーター費用が大きくかかります。

委託や個人で行うケースでだいぶ異なります。

5万円から40万円くらいが相場でしょうか?

 

  • 散骨の手続き

散骨は遺骨の埋葬や収蔵ではないので、特別な手続きは必要ありません。

既に遺骨をお墓に埋葬、納骨堂に収蔵している場合は、そこの管理者から返還してもらいます。

このとき、お骨を移動しますが、他に埋葬、収蔵するわけではないので改葬には当てはまらず、改装の手続きは不要です。

しかし、いくら改葬ではないといっても、寺院墓地などではスムーズにお骨を引き取れないかもしれません。

お骨の引き取りによって、埋蔵されているお骨がない状態になれば、墓所を更地にして返還する必要になり、多額の費用が発生することになります。

散骨に関しては十分な配慮と検討が必要です。

・・・・・・・つづく

 

光明寺の施設

・お骨預かり期間が自由に設定できる「自由な納骨堂

・どなたでも、自分のお墓のように納骨できる、みんなのお墓「合祀墓

・一度の永代供養で、その後の先祖も供養できる負担の少ない「永代供養

・子孫への負担を残さない、お墓の新しい形「納骨堂墓地

・葬儀・家族葬・法事・お斎(食事)がどなたでも可能な「光明寺会館

・心安らぐシンプルな「水子供養

・ペットの手厚い供養がお寺でできる「ペット供養墓

大阪石材工業株式会社との取引は停止していますので檀信徒の皆様は連絡を控えてください。

 

納骨堂・永代供養がある大阪のお寺
浄土門 時宗 光明寺
墓地のことなどお気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7
現在ご縁のある地域は、兵庫県では、神戸市、三田市、芦屋市、宝塚市、川西市、西宮市、尼崎市、伊丹市
大阪府では、池田市、箕面市、茨木市、吹田市、豊中市、東大阪市、高槻市、堺市、摂津市、和泉市、藤井寺市、四条畷市、八尾市、河内長野市、松原市、門真市、枚方市、豊能郡、泉南郡、大阪市
(西淀川区、淀川区、東淀川区、北区、西区、中央区、此花区、福島区、港区、浪速区、大正区、天王寺区、生野区、都島区、城東区、東成区、西成区、住之江区、住吉区、平野区)
その他、京都府・奈良県・和歌山県です。

TOP