地蔵盆

浄土門 時宗 光明寺

06-6472-4867

〒555-0032 大阪府大阪市西淀川区大和田5-17-7

ぺージタイトル画像

地蔵盆

行事

2018/08/25 地蔵盆

dscn0949

当寺の地蔵菩薩と数件の周辺のお地蔵さまに読経させていただきます。

今年の地蔵盆は、台風の影響で23日にお経をあげさせていただいた処、地蔵盆そのものを中止した処と様々でした。

当寺でも、今年は23日にお勤めといたしました。

 

毎月24日はお地蔵さまのご縁日です。

神仏がこの世に縁をもち、人々が仏と縁を結ぶ「縁日」

中国で定められた「三十日秘仏」と呼ばれる縁日カレンダーに沿って、それぞれの神仏ごとに日付が決まっています。

その日にお参りすれば、普段の何倍ものご利益があるとされています。

とくにお盆月のお地蔵さまのご縁日は地蔵盆といわれ、その月の23日、24日は各地で盛大に様々な行事が行われます。

 

地蔵菩薩とは

万物を生み、すべての種を育み、動かざる大地の中から、無尽蔵の功徳を衆生に与えます。

だから「地蔵」と言われるのです。

お釈迦さまが入滅してから56憶7千万年の先に、弥勒菩薩が出現しでこの世を立て直すといわれていますが、その間は地蔵菩薩があらゆるところに現れて救済にあたります。

左手に宝珠をもち、右手に錫杖(しゃくじょう)をとり、慈愛の笑みをたたえ、坊主頭のお地蔵さまは、幼い子を袖にかくまい、不幸な死に方をした者の代りに自分の身を捧げ、忍耐強く歩かれているのです。

不幸にして日の目を見ることのできなかった水子の供養に水子地蔵が祀られ、交通事故で不慮の旅に出た者のために街の辻にお地蔵さまが建てられ、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の六道の苦しみに悩む衆生のために、六体のお地蔵さまが並んでいます。

少子化、核家族化、宗教離れなどの要因でしょうか?

昨今、地域寺域の地蔵盆も縮小や取り止めなどが目立ってきています。

お近くで地蔵盆を目にされたら、ご家族で参加され、お地蔵さまの功徳を受けられてみてはいかがでしょうか?

 

浄土門 時宗 光明寺
お気軽にお問合せください。
※お参りなどで留守の場合がございます。不在時は伝言をお願い致します。
電話番号 06-6472-4867
FAX番号  06-6472-4868
メールアドレス koike@koumyouzi.jp
住所 〒555-0032 大阪市西淀川区大和田5-17-7

大阪市 光明寺の施設

・お骨預かり期間が自由に設定できる「自由な納骨堂

・どなたでも、自分のお墓のように納骨できる、みんなのお墓「合祀墓

・一度の永代供養で、その後の先祖も供養できる負担の少ない「永代供養

・子孫への負担を残さない、お墓の新しい形「納骨堂墓地

・葬儀・家族葬・法事・お斎(食事)がどなたでも可能な「光明寺会館

・心安らぐシンプルな「水子供養

・ペットの手厚い供養がお寺でできる「ペット供養墓

ご縁のある地域
<兵庫県>神戸市、三田市、芦屋市、宝塚市、川西市、西宮市、尼崎市、伊丹市
<大阪府>池田市、箕面市、茨木市、吹田市、豊中市、高槻市、東大阪市、堺市、高石市、摂津市、藤井寺市、和泉市、四条畷市、八尾市、河内長野市、松原市、門真市、枚方市、豊能郡、泉南郡、大阪市(西淀川区、淀川区、東淀川区、北区、旭区、西区、中央区、此花区、福島区、港区、浪速区、大正区、天王寺区、生野区、都島区、城東区、東成区、西成区、住之江区、住吉区、平野区)
他 京都府・奈良県・和歌山県

TOP